ぴょろろぐ

趣味の話なんぞをゆるゆると・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

iPod nanoのケースをつくったまとめ

完成から間が開いてしまいましたね・・・反省。
作りっぱなしだと寂しいのでまとめてみます。

・全体的な話
正面から見ていきますかね。
20090321_front

いろいろと気になるところはあるんだけど・・・
一番は縫い目から革の端までの距離かな。
これは一定(3mmにしてます。)になるようにしているんだけど・・・
どうにも不揃い。
写真の右上なんて少な過ぎです。
左下は縦のラインが斜めになってるし。

次は後ろ向きに見ます。
20090321_back
これも正面と同じく縫い目から革の端までの距離がひどい。
左下なんてかなり際どい感じです。

型紙を革に写す、革を裁つ、穴を開ける目印を付ける、菱目打ちで穴を開ける
何処が駄目でもずれちゃうんですよね。
もっと練習しないとかな。
手順もいろいろ試してみたいところです。

あと、後ろ向きだと写真の右側の中央付近。
縫い終わりの処理が悪いですね。
もろバレです。
正面は良かったのにな。

ついでなので前回のと比較です。
20090321_compare_front
左側が一年ちょっと前に作ったものですね。
右側が今回作ったものです。

個人的には縫うの巧くなったかな?と思ってます。
まあ、革の重ね方で今回の方が縫いやすいとか、
糸の太さとピッチの組み合わせ方が違うせいもあるんですけど・・・

あと、作り手の遊び心でどうでもいいポイントとしてはモニタ部分の縫い目と外側の縫い目ですね。
なんとなく揃う様に調整してます。
それも今回の方がよく出来たかな。

・コバ
コバ(革の切り口)の比較です。
20090321_compare_side
同じく左側が一年ちょっと前に作ったもので、右側が今回作ったものです。

今回のやり方がベストだとは思っていないけれど・・・
今回は綺麗に出来ました♪

・サイズ
サイズの取り方、特に操作ホイール周りをぴったりサイズにしようと思ってたわけなので・・・
その辺を比較します。
まずは今回のから
20090321_size_new

次に前回作ったやつです。
20090321_size_old

やっぱり微妙にずれたけど、前回よりは位置が合ってる気がしません?
実際に前回のはちょっとずれると再生ボタンが押しても反応しなくなってたんですが、今回のは今のところそれは無くていい感じなのです。

・使用感
ちょっと技術以外で残念なポイントが・・・
iPod nano本体を抑える部分のデザインが良くないです。
とりあえず写真から
20090321_flap
横向きです。
20090321_flap_front
正面です。

本体の押さえは背面の内側にポケットを作って、そこに表面の革を入れるようにしました。
が、
頑張らないと内ポケットに入らないんですよね。
設計確認の段階ではいい感じだったんですけど・・・
その時にiPod nano本体を入れずにやったのが失敗でしたね。
中身が無い時は横からちょっと潰すとポケットの口が開くんですけど、中身を入れると潰せなかったのです。
本当に初歩的なミスで凹みます。

そうそう。
ここは普通に作るとケースに浮きが出るんですが・・・
20090321_flap_with_iPod
浮かずにすんでますよね。
癖付けしてから縫って良かったです♪

さて、こんなもんでiPod nano のケースの話は終わりかな。
次は何を作ろうかな・・・
スポンサーサイト
  1. 2009/03/21(土) 21:59:36|
  2. ケースの作成 iPod nano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

完成♪

最後の工程、仕上と金具付けです。

そういえば前に二日連続でブログ書いたら、日付変更の都合により同じ日になった事が、今回は逆に一日で二日に見えるパターンかな。
などと思いつつ、仕上に入ります。

前面と同様にコバを仕上げます。
20090304_coba_1
写真の上側が今回仕上げた背面のコバです。
日付が経っていたので心配だったんですが、前面と同じ感じで出来ました。

裏面のパーツの準備でちょっと気にしてたコバの厚みなんですがどうでしょう?
背面で説明すると左側から・・・

外表で革二枚張り合わせ(内側は徐々に薄くなる) →
木型の左端よりも少し右で、革一枚追加(計三枚) →
まちが追加される(計四枚) →
まちの少し左で最初の内側の革が途絶える(計三枚)→
まちが無くなって外表の二枚に戻る

個人的には厚みの差については少し気になる所はあるけれど、まあ許容範囲かな。と、思っています。
ただ、まちに対してコバが厚すぎですね。
もっと薄くしたいところですが、弱くなるのは嫌だし悩むところです。

最後に金具を付けます。
ここは革の外も縫う予定なので最初にコバを仕上げてあります。
20090304_coba2

まずは縫う位置に印を付けます。
20090304_templine
この状態だとケースの内側ですが、最終的に折り返してケースの外側になる部分の写真です。


ん?


・・・


またミスってますね。

わかりにくい説明になりますが・・・
今回のデザインは内側になる革を外に折り返し、間に金具を挟みます。
んで、縫い目としてはケースの外になる背面側を表に取ったんですが・・・
(革の縫い合わせは裏表で縫い目が違うのです。)
内側を折り返すと、表目の中に裏目が混ざっちゃうんですよね。
些細な事だけどちょっとショック。

しかもこの部分別に縫う必要が無くて完全に飾りなんですよね。
(前回のブログを見ると裏に何も無いのがわかるかと思います。)
初代のデザインだと逆だったのがなおさらショックですね。
その方が出し入れしやすいと思っただけなのに・・・
悔しいなあ。

さて気を取り直して、金具取り付け後に縫う位置ですが、他の糸の縫い目に合わせてみました。

反対側です。
20090304_templine2
こっちは何処にするか悩み、最終的には勘で決めました。
左右の縫い目が水平になってるとかっこいいんですけど、カーブがあると難しいですねえ。
もっと頑張らないと。

さて、それぞれに穴を開けます。
20090304_hishime
もう完全に心が曲がってますねorz
折り返して写真の上下の穴同士をつなぐんですが、写真の上下で穴の数が違って見えますが以下の様に考えます。
写真の上側はもともと糸が通っている分を加えて6目。
写真の下側の方は新たに開けた穴で6目。
完全に予定外ですが、これで数が揃います。

金具を通して仮縫いします。
20090304_tempstichi
金具はナスカンです。
「アミナス」の21mmを使いました。

最後の縫い合わせです。
ケースの外側です。
20090304_line_out

ケースの内側です。
20090304_line_in

全部二度縫いしています。
前にも書いたかと思いますが、二度縫いってどういう順番で糸を通していいか悩みますね。
あんまり綺麗じゃないな。

あと、前の糸とクロスする時のルールが左右で違いますね。
こういうのはやっぱり数やって慣れないとなのかな。

最後失敗しましたが、完成です♪
20090304_fin
最後に縫った部分の接着は無しにしました。
理由は金具が壊れた時は金具を修理することが出来ないので、縫い目をほどいて金具を付け直す事になるからですね。

ケースもiPod nanoもそのくらい長く持つ様にささやかなおまじないです☆
  1. 2009/03/04(水) 00:32:49|
  2. ケースの作成 iPod nano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

背面とまちを縫い合わせる

作業中の待ち時間とか使ってブログを書いてると、最後の工程が終わるとブログ書けないんですね・・・
そんな適当な理由で間が開いてました。

それでは、背面とまちを縫い合わせます。
もうちょっとで完成です♪

まちの方は前面とまちを縫う時に穴が開けてあるので、背面に穴を開けていきます。

まずはねじ念を使って念を入れます。
20090303_nen
写真の右側がケースの外側になる部分で、左側がケースの内側になる部分です。
左側は革の裏側(床面)に念を入れてます。
今度はちゃんと床面の処理がしてあります。
前回書き忘れましたが、床面の処理を床面を洗うとか言ったりしますね。

念を入れたら菱目打ちを使って穴を開けます。
20090303_hishime
外側の右下がちょっとずれたけど・・・
ここはもう他の部品と縫い合わせないので良しとしましょうか。

次に内側の端の位置を調整します。
内側の部品は縫ってる途中で終わってしまうんですが、今のやり方をしていると縫い目に対してどこになるかはわからないので・・・
そういう場合は穴を開けてから端の位置を調整してます。

実はまちの時に同じ事をしているんですが・・・
せっかく写真を撮ったので、載せておきます。
20090303_cutline
写真の傷をつけた位置で切り落としてます。
端に一番近い穴のすぐ横で、他の辺と直角になる様にしてます。
理由は縫い目に対してこの位置が一番強いと思っているからですね。

切り落としたところに念をいれます。
20090303_imitation
今回の念は切ったり、縫ったりするわけでは無く、切りっぱなしの辺に対する飾りですね。
飾り念って言ってます。
ついでなので、切り口にやすりを掛けて、床面処理と同じ要領で毛羽立ちを抑えてます。
コバと同じ扱いで焼き固めても良かったんですが、ケースが完成して、iPod nanoを入れるとまったく見えないんで、止めておきました。
だったら飾り念も要らないような気がしますがその辺は気分ですかね。

これで縫い合わせの準備完了です♪

早速縫い合わせようかと思ったんですが、変な形でものすごく縫いあわせにくかったので、糸で仮止めしました。
20090303_temp
裁縫で言うところの並縫いかなあ?
針に余った糸が付いていたので、もったいないからそれを利用しました。
待ち針を使うと針の力で革が波打ちそうだしねえ。
そもそも待ち針持ってないし。
針とは言え待ってるだけの人生(?)って何か悲しくないですか?
それはともかく、この位置ものすごく縫いにくいです。
狭いし真っ直ぐ針が入らない。

3箇所縫って何とか仮縫い完成。
20090303_temp_back
背面からみた写真です。
仮縫いなので緑の糸が混ざってますが気にせず・・・

前面から見るとほぼ完成に見えます♪
20090303_temp_front
この当たりまで出来上がると、早く完成させたくてブログなんてどうでもいいやと初心を忘れる訳です。
はやく完成品がみたいですねえ。
待ち遠しいです。

縫い合わせの本番です。
20090303_stiching
革を縫い合わせる時は、革を挟み固定して縫うんですが・・・
今回は変な形なのでそのままは挟めなかったので、木型を入れて挟んでます。
ついでに薄い革で傷が付かないようにしてます。
あとは普通に縫うだけです。

縫い終わった所です。
20090303_stich
写真がぶれてる・・・
気が付かなかったorz

それはともかく、背面は途中で糸が切れたりせず無事に終了です♪
終盤糸がちょっと汚なくなってきてたので、長い距離を縫う時は最初から縫いつなぐ事を考えておいたほうが良いかもねぇ。

縫い終わったら糸より外側を接着剤で止めます。
20090303_fix
そしていつもの様に待つ訳です。

このまま続きを書きますが、きりがいいので一旦終わります。
  1. 2009/03/03(火) 23:11:19|
  2. ケースの作成 iPod nano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ぴょろ

Author:ぴょろ
写真が好き。
と言うか、カメラが好きです。

最新コメント

リンク

素敵な鳥さんブログ
近所の遊歩道

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。