ぴょろろぐ

趣味の話なんぞをゆるゆると・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デザインと型紙

ちょっとネット環境を切り替えていたので、だいぶ間が開いてしまいました。
さて、iPod nanoのケース作成の続きです。

更新していない間に前回紹介した初代のケースの欠点と改善方法をリストアップしようとしていたんですが・・・
途中で前回作ったケースが設計段階と全然違うものに仕上がっていた事が発覚してびっくり。
かなり凹みました。
普通に使えるものが出来上がったのが不思議で仕方ないです。

さて、気を取り直して・・・
今回から作成に入ります。

1. まずはデザインを決める

今回はデザインの説明は省略します。
だってパクリだし。
やったことは、本体のサイズを測って縫い代を足して微調整するだけですね。
 
こんな感じです。
ipodcase_katagami_all

作成にはDynamic Drawを使わせて貰ってます。
写真だとわかりにくいかもですが、切り取り以外にも縫い目やiPod nano本体の外形、位置合わせ用の線が入ってますね。

2. 試しに切ってみる

試しに切ってみます。
ipodcase_katagami_cut
普通はこの状態で型紙と言うんですが・・・
その話はまた後で・・・
めんどくさかったのでカッターでやりましたが、革を切るのと同じ道具を使って切りにくいところを練習するとより良いですね。

3. 試しに形にしてみる。

セロテープとホッチキスで形にしてみます。
ipodcase_katagami_mock
形にするとグッと気合が入りますよね♪
高揚感を抑えつつ、作業手順と作業性を確認します。
作業手順の確認は特に大事です。
操作用のホイールと画面周りにステッチが入る予定なんですが・・・
写真の状態になってからだと縫えないですよ?

4. デザイン決定!

よく見て、よく考えて、問題が無ければデザイン決定です。
気になるところがあれば、調整してもう一度紙で作ってみます。
今回は3,4回やり直してやっと決定しました。

まち(表と裏をつないでる部分)の幅は革の厚みの影響を受けそうなので、別途確認かな。
あと、上のまちからiPod nanoの画面までの距離も革の厚みで変わりそうですね。

・おまけ。

今回一番の変更点は本体の押さえ方ですかね。
簡単に言うと、フラップを隙間に入れて抑えてるんだけど、その説明でわかるかなぁ・・・
わからなかったら元ネタの方を見てくださいな。

まずは前回作ったほうから。
ipodcase_katagami_omake_old
良さげな感じですが・・・
普段はこうして使ってます。
ipodcase_katagami_omake_old2
予定していた正しい状態で使ってると本体がずれて、ホイール操作できなくなります。

こんな感じに変更予定です。
ipodcase_katagami_omake_new

上手く行くと良いな・・・


さてさて、今日はこんなところで。
次回は仮縫いかな。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/15(木) 23:19:49|
  2. ケースの作成 iPod nano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<寄り道 | ホーム | iPod nanoのケースを作ろう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pyoro1969.blog49.fc2.com/tb.php/3-61305162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぴょろ

Author:ぴょろ
写真が好き。
と言うか、カメラが好きです。

最新コメント

リンク

素敵な鳥さんブログ
近所の遊歩道

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。